PRESS RELEACE

21.06.09

車業界で初めてデニム生地を採用したシートカバー、前年比2.5倍の売上

有限会社ビーンズ(所在地:岐阜県本巣市)は、デザイン性が高く他にはない個性を追求したシートカバーを独自開発。
車業界ではタブーとされていたデニム生地を、独自の手法でシートカバーに採用しました。
なぜタブーなのか?そもそもなぜシートカバーにデニム生地を採用することになったのか?といった視点から、売上を伸ばしている弊社シートカバーのご紹介をさせて頂きます。
WEBサイト: https://www.7th-e-life.jp/

■他社がシートカバーにデニム生地を採用しない理由はシンプル
今までシートカバーにデニムを採用できなかった理由、それはシンプルに”色落ち”するからです。
デニムの良さは”経年変化”と”ファッション性”ですが、シートカバーは乗った人の体の背面、ほぼ全てに密着します。
つまり衣服の背面に色移りしてしまう可能性が高く、デニムの良さがかえって仇となってしまうため、カーインテリア素材とは敬遠されてきました。

■業界で初めてデニムシートカバー開発に成功
そこで弊社が見つけ出した特殊な生地。詳細は企業秘密となっており公表できませんが、”NEXT DENIM”と呼ばれる生地を見つけ出しました。
“経年変化”しないかわりに、色移りしない。しかしその風合いはインディゴデニムを思わせる鮮やかなブルーを実現。
JIS堅牢度試験と呼ばれる、染料などで染色された生地の染色の丈夫さ(抵抗性)、いわゆる「色の変わりにくさ」や「色落ちのしにくさ」を見る試験でも結果は下画像の通りでした。
こうして、ファッション生地とシートカバーの融合を実現することができたのです。

■デニムだけではなくその他のファッション生地も次々に採用。売上大幅増へ
なぜファッション生地を採用したのか?それは、そうすることで車のカスタマイズに興味のあるコアな層だけでなく、”ファッション好き”、”アウトドア好き”、”女性”といったフラットな層をターゲットにし、ブランディングできるからです。
その思いどおり、デニムを採用するまでは男女比9:1だった弊社のシートカバーは購買層を広げながら、7:3まで女性層を取り入れることに成功しました。
そうして既存の顧客はそのままに新規顧客を拡大し、昨年比売上2.5倍増加を実現することとなりました。

21.06.09

コロナ渦でも楽しめる新しいスタイルの旅をご提案します。<シートカバー編>

2020年に猛威をふるったコロナ渦で、人々のライフスタイルは大きく変化しました。
「どうやって休日を楽しんだらいいんだろう?」多くの人にとってのそんな疑問に、7th E-Life!がご提案できること。
それは「カーライフ」。
なぜなら、車は最高のプライベート空間でありながら、どこへでも自由に連れて行ってくれる存在だからです。
日常の空間を大自然の中に持ち出して、自分らしいライフスタイルを楽しむこともできます。
森の木々や海辺のさざなみに癒されたい、そんなふとした考えが頭に浮かんだら、そのままふらりと非日常へ冒険してしまえるツールなのです。
好きな音楽をかけて、好きな場所へ行き、好きなものを食べて、好きなインテリアに囲まれる時間。
そんな至福のカーライフに私たちがご提案できること、それは「自由」に過ごすための車のインテリア空間を、おしゃれに着せ替えることなのです。

■7th E-Life!のカーインテリアへのこだわり
車内に乗り込む時に一番はじめに目に付く場所、それはシートカバー。
シートカバーはカーインテリアを表現するための重要なツールです。
そこで、7th E-Life!はどんな人にもフィットできるように<国産車300車種対応のシートカバー >を開発しました。
7th E-Life!のシートカバーの大きなこだわり、それは異素材を組み合わせた斬新なデザイン。
レザー、デニム、コーデュロイ、ハリツイードetc…
本来混じり合うことのなかった異素材を組み合わせて、乗る人の個性を表現するデザインを追求します。
好きなモノ、コトを自由に落とし込めるのが特徴で、使う人の趣味や好みに合わせて変化できるのが最大の強みです
それぞれの素材独特の肌触りや香り、色合いや質感が、時に心を癒し、時に心を躍動させてくれるように。
車全体の色々な勝負どころにこだわりの素材を散りばめる、これは7th E-Life!でしか味わえない生地感です。

■個性を表現する数々のデザイン
あなたのライフスタイルに合わせて選べるシートカバー3種類
販売場所:Webサイト
詳細URL:https://www.7th-e-life.jp/view/category/seatcover

■california style
ファッションシーンの花形であり、ヴィンテージともなると何より高いプレミア価格が付けられる憧れの存在のデニム。
そして、同時に7th E-Life!を代表するアイコンでもあるのがこの「デニム」生地。
サーフィンやスケートボード、音楽、ファッションなど様々なカルチャーが生まれた場所としてリスペクトするアメリカ西海岸のカリフォルニアの香りを表現していることから、そのデニムを使用したブランドも「California Style」になったというのがこのブランドのルーツです。

■Brooklyn Style
ワンランク上のハイヴィンテージスタイル。
ブラックデニムやコーデュロイを投入するなど柔軟にファッションシーンをヴィンテージスタイルに投影する「Brooklyn Style」。
斬新な素材を組み合わせたクラシカルでオリジナリティのあるデザイン、手創りの温もりが感じられるクラフト感も大事にしています。堅牢な造りでありながらゴツさを全く感じさせないスマートな佇まい。使用するレシピを変えることで異なる表情も楽しめます。

■NEWYORK Style
既存の「California Style」とも「Brooklyn Style」とも違う、ハイグレードな最新モデル「NEW YORK Style」。ニューヨークといえば、様々なカルチャーを生み出し、常に最先端の流行を発信する世界の窓。また、数多くの人種が生活する街です。いろいろな考え方があり、それぞれが受け入れられている。そう、ニューヨークは自由の象徴なのです。
自由の女神が象徴するように、私たちも個性や自己表現の仕方を自由に選びたい。そんな気持ちをこのNEW YORK Styleという言葉に込めました。いつものドライブがなぜかワクワクするような、車に乗ることが楽しくなる、そんな気持ちにさせてくれるシートカバーです。

21.06.09

WEBサイトリニューアル完了です。

無事リニューアルが完了しました。新たな気持ちでスタートです。

こちらでは弊社が発表したプレスリリース情報を公開予定です。テストとして3記事ほど既存のプレスリリース記事を作成します。

金属質の電動インパクトに混じる、ミシンの優しい音。この音だけでも、その工程ごとに専門の職人がいて、それぞれの職人の手仕事によってビーンズの商品が作られているのがわかります。 ここビーンズの基地は、広大な倉庫に木工加工用の重機が並び、工業用ミシンが稼働する。まさにクラフトワークの発信基地。いわゆるインディビュデュアルな生産、ではなく、”ひとつひとつ”や”手間を掛ける”といった必然的にスローな、ハンドメイドへのこだわりが見え隠れします。 旧き良きハンドメイドなモノづくりこそビーンズのささやかな誇りです。

概要
2002年9月設立。
「どんな大きな木でも、最初はたった1粒の豆。」BEANSという社名には、そんな想いが込められています。
BEANSが目指すもの、それは”感動”です。「こうだったら良いなあ」という皆さんの想いを、少しでも超える製品をご提供したい。そのため、当社のクラフトマンたちによるハンドクラフトを徹底。
サーフボード販売からスタートした弊社は、現在では独自のカーライフ製品、ライフスタイル商品の販売へと変化しました。
常に時代の求めるセンスを追い求め、新たなチャレンジを繰り返し、進化を続けています。